スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010下半期ニコマス20選!

明けましておめでとうございます、お久しぶりの更新は、

ぎょP主催、2010年下半期ニコマス20選参加記事でございます。

色々あった激動の時期でしたが、自分は自分の思うがままにノベマス戦記から選ばせていただきました。
今回は遅れての参加ですし、定番どころは出揃ったことでしょう。
なので例によって戦記ノベマス縛り、特に真補正全開でお届けしますw


紹介は格納しておりまこ。


NovelsM@ster - 真がともだち

velvet氏

真と他のアイドルの関係から真自身、そしてアイドル達を描くシリーズ。
毎回のかなりレベルの高い映像表現と、簡潔ながら練りこまれた文章表現にうならされる、
知る人ぞ知る名作です。今回選んだこの話は導入のやよいのシーンの掴みの旨さが非常に印象的で、
話の展開も心温まり、アイドルとしての友達との関係のあり方を提示した素敵な話でした。



11歳、いじめられていました 上編

さそP

いじめられていた真の学園生活を、真の友人、敬介の視点から綴る。
知る人ぞ知る真の、いじめられていた学生時代という設定、
それを掘り下げドラマに仕立て上げ、真の人物像に肉付けを施した作品。
扱うテーマだけにきついシーンもあり、それだけに等身大の、学生としての、
子供としての真の姿を見ることができました。



水瀬伊織の食卓 第三幕『おいしさの表し方』(前編)※画質修正版※

モテナシ・マリーナP

伊織が食を通じてアイドルと交流を持ち、時にアイドルたちの悩みを解決していくシリーズ。
その流れや、一つ一つが心温まるお話で見ごたえあります。
今作では真がスランプに陥ったところを雪歩が相談し、伊織が挑戦するお話。
上半期の末~下半期にかけては、食にちなんだ名作が多かった印象があります。



【im@sミステリー祭り】 めだかスーサイド 【刺しm@s】

ひゅんP

雪歩の突然の自殺、その真相に迫る真。人の命のあまりの呆気無さ、緊張感なる展開に強烈な話の展開で、
強い印象……どころかちょっとしたトラウマ作品ですねw
定番カップリングであるゆきまこ。その関係の脆さを抉り出した異色作でした。



アイドル・プラネテス 第一話

レストP

アイドルとしてのあり方を悩む真、取り巻くアイドル達、真自身を葛藤させる影。あとロケット
真の心理描写、人間性の掘り下げ方が斬新かつ非常に深い。真という子の強さ、弱さが描かれていました。
動画としての、雰囲気重視のきれいな画面表現、溜めて溜めて解放するカタルシスが楽しめる話の構成と、
手の込んだ作りで見る人を引き込みます。



たるき亭営業日誌 六品目「カツ丼」

ニゴリP

たるき亭のおやじが食を通じてアイドルの悩みを解決するシリーズ。
渋みや人情あふれる親父がいい味出しており、素敵な雰囲気の出ているシリーズです。
今作では真が仕事について悩んでいる模様。真の真らしさ、真自身の陥った罠に、親父はどんな助言を?



【捏造アイドラ】まこりん1日デート!【MMD/ニワン語】

ガテラー星人P

真にストーカーがついたので、Pと真がデートすることに!
キャラを全編MMDで作られたノベマスの中で、スタンダードなスタイルを貫いた作品。
さながら本家のアイドラのようで、分岐もあり遊び心満点。
叶うことなかったSPでの真主演アイドラを実現させたかのような作品でした。



春香の 無免許&轢き逃げ 逃避行(アイドルマスター)

天才カゴシマP

盗んだ車で走り出す~♪ アウトローでどこかくたびれた春香さんやアイドル達。
キャラの扱いは御世辞にも良いとはいえず、ダメ人間まっしぐらな描写が強烈。
ただそのダメ人間さがいかにも人間臭く、いかにもダメおやじな感じがどういうわけか癖になりますw
独特の画面表現や色使いも、独特な雰囲気を醸し出していますね。



【卓m@s×ガープス】ヤンデレRPG!【刺しm@s】

どないしよP

ヤンデレとか大好きですから! アイドルたちのヤンデレごっこ。
ルールづくりの時点で相当練りこまれていますが、それがお約束過ぎていちいち笑えますw
セッションに入ると急展開に次ぐ急展開で爆笑の連続、各キャラのRPも独特で、
男の娘真美や、中二病まこりんなどとても強烈w
ヤンデレをお約束ギャグとして突き抜けた感があり、また、やってみたい!と思わされるゲームでした。



◆私のプロデューサーが殺されました Side M【刺しm@s】

フィロソP

プロデューサーが殺された! Pの死をめぐる、アイドルたちの愛憎劇、サスペンス、駆け引き、
数々の視点から様々な楽しみ方ができ、キャラごとの描写が非常に巧い。
また、ニコニコならではのギミックも凝っており、最後には驚かされました。
数々の名作が投稿された刺しマスの中でも、髄一の名作だと思います。



im@sミステリー祭り(ホラー)参加する筈が盛大に遅刻した

どきゆりP

地下鉄での春香が体験する、不条理ホラー。一つの色以外がモノクロで描かれた鉛筆画に、
効果音だけの音響、簡潔な文章、そして膨大な手描き。そして、展開も設定も訳がわからない、
ただただとてもエロチックでグロテスクな表現。どれもがひたすらに、怖さ、おぞましさなど、
観るものの心を揺るがしてきます。展開も息詰まるもので、ひたすら圧倒されるばかりでした。



【アイマス】TRANSFORMERS THE iDOLM@STER:2

Pセプター

導入の掴み、世界観の提示、TFとアイドルのファーストコンタクト、どれもが丁寧で
まるで作劇のお手本を見ているよう。アメコミ調の画面表現、要所要所の手描きイラストが
観るものの目を引きます。また、娯楽の基本、エログロバイオレンスが充実しており、
過激ながら観るものを興奮させてくれました。音楽演出も、ハリウッド版TFなどから
持ってきているだけあってとても壮大ながらマッチしており、映画的な印象がとても強い。
キャラクター描写に関して、アイマスキャラのオリジナル設定を非常に練りこんで作りこまれ、
TFとの設定のすり合わせや、登場するTFの扱い、チョイスなど、両原作に対するリスペクトを強く感じました。



真くん真くん

弓削P

弓削Pのさんさんシリーズから。アイドルの掛け合いから、それぞれの楽しくて心温まる関係を描くシリーズ。
カップリング好きも友情好きもいろんな組み合わせを2828して見られる素敵な動画ですね。
今作では真にちょっかい出す美希と、上手く扱う真を描かれています。
ここでの真は他ではなかなか見ない、ちょっと変わったキャラをしていて新鮮ですね。



千早は友達が少ない。(改)

陽一P

千早が友だちをつくろうと悪戦苦闘するお話。
千早の行動がどれも斜め上で、毎回爆笑させられますw
千早の重たい設定をここまでギャグとして割り切った作りはさすがですね。
アイキャッチのオーイエーがなんとなくツボですw



【アイドルマスター×銃夢】機械仕掛けのアイドル 第01話

二酸化硫黄P

手描き絵にCGを活かした高度な演出が凄まじい。
サイバーパンクな世界観を彩る、画に色に音響、脚本どれもが高いレベルでマッチしていて圧倒されました。
登場人物も、無垢な真が可愛く美しく、とても魅力的。育ての親律子、助手の涼という関係も見ていて面白い。
ストーリーもシンプルながら捻りが効いていて、壮大な物語の第1話として見ごたえ抜群でしたね。



【アイドルマスター】おとといキマスター 最終話【マンガ】

でんまるP

765プロにくたびれた親父が入社するところから始まり、話進んでアイドル対ロボットの対決となり、
どういう事なのと驚く展開でしたが、この最終回でまさにしてやられましたw
あとで見返して分かる伏線の数々に構成の巧さを感じ取れました。
また、温かみある絵柄の魅力も、見るものの心を掴んで離しませんね。



【NovelsM@ster】 インターネット物語 続続・雪ねぇの部屋 【第∞話】

ダイアルアップP

このシリーズは、2010年という年のノベマスの第1線を維持し、
引っ張り続けてきた象徴的な作品だったように思えます。
今や誰しもが知っているネタをいくつも輩出し、それを可能にする世界観を創りだした手腕、
その世界での物語をいくつも作り出し、持続させて、1年間いっぱいいっぱい楽しませてくれた、
素晴らしいシリーズも、ついに一つの完結を迎えることになりまして。
たくさんの笑いと可愛さ、おかしみ、そしてジーンと来るいい話をもらえた、素晴らしいシリーズでしたね。



侵略!イカ千早 第6話 『新入りじゃなイカ?』

イカdeゲソP

原作との見事なマッチや、イカ千早始めキャラクターたちの可笑しみなどで、
下半期にスマッシュヒットした作品になりますね。(厳密には始まったのは6月ですがw)
ここ最近は新キャラも増え、ますます楽しい生活が描かれていて充実しています。
画面も、改変グラも原作ネタも手が込んでいて、原作を知らなくても十分に楽しめる良いシリーズですね。



面妖ロードショー 第1夜 「バック・トゥ・ザ・チーヒャー」

3倍録画P

洋画ネタ、有名映画のプロットを上手くアイマスにあわせ、簡潔にまとまった見事なパロディーシリーズ。
原作を知っていても知らなくてもニヤリと来ますし、原作の薀蓄解説など、リスペクトもあり、
どれもが面白おかしい名作ばかりです。



【ノベマス】クイズ・如月千早の300の事【短編】

ハリアーP

第1話にて完成され、シリーズが続いてもけして飽きない偉大なるマンネリズム。
マンネリなようで毎回捻りが効いていたりと、見るたびに驚きがあり、
終わるときには次が見たいと毎度思わされます。
ハリアーPのキャラで動かすコメディものの、ひとつの集大成のようですね。
スポンサーサイト

テーマ : ニコニコ動画
ジャンル : サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

きっちょむ

Author:きっちょむ
真のノベマスならまかせろー!(バリバリ
ついったー:http://twitter.com/kitchomP
メアド、メッセンジャー:kitchomsan@live.jp
すかいぷ:kitchomp

最新記事
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
カテゴリ
最新コメント
リンク
検索フォーム
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。